〒332-0033 埼玉県川口市並木元町1-38-407

受付時間:9:00〜18:00日曜日、祝日を除く)

お気軽にお問合せください

090-8843-5701

長期修繕計画

新しく理事会役員になられた方や日頃疑問に思
われている方のご質問と回答を記載いたします。

川口市役所が実施した「平成25年度分譲マンシ
ョン実態調査報告書」で「長期修繕計画の有無」は68.4%と全国89.0%、埼玉県88.4%よりも低い状態です。

長期修繕計画の有無は、マンションの快適な居住環境
を確保し、資産価値を維持するためには、適時適切な
修繕工事を実施することが重要となります。

先ずは、5つの質問をご紹介します。(2021年1月新記載:1~5)

 1.長期修繕計画は何のために作成するのですか。 

 2.標準的な長期修繕計画はどのような内容ですか。

 3.計画期間は何年程度がよいですか。

 4.推定修繕工事項目はどのように設定すればよいですか。 

 5.修繕周期は、どのように設定すればよいですか 


Q:長期修繕計画は何のために作成するのですか。

A:「長期修繕計画作成ガイドライン」(国土交通省)において、次のとおり示さ
  れています。
 〔長期修繕計画の作成及び修繕積立金の額の設定の目的〕
 マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値を維持するためには、適時適切
 な修繕工事を行うことが必要です。また、必要に応じて建物及び設備の性能向上
 を図る改修工事を行うことも望まれます。
 そのためには、次に掲げる事項を目的とした長期修繕計画を作成し、これに基づ
 いて修繕積立金の額を設定することが不可欠です。
  ①将来見込まれる修繕工事及び改修工事の内容、おおよその時期、概算の費用
   等を明確にする。
  ②計画修繕工事の実施のために積み立てる修繕積立金の額の根拠を明確にする。
  ③修繕工事及び改修工事に関する長期計画について、あらかじめ合意しておく
   ことで、計画修繕工事の円滑な実施を図る。 

Q:標準的な長期修繕計画はどのような内容ですか。

A:「長期修繕計画作成ガイドライン」(国土交通省)において、次のとおり示さ
  れています。
〔長期修繕計画の構成〕
 長期修繕計画の構成は、次に掲げる項目を基本とします。
  ①マンションの建物・設備の概要等
  ②調査・診断の概要
  ③長期修繕計画の作成・修繕積立金の額の設定の考え方
  ④長期修繕計画の内容
  ⑤修繕積立金の額の設定

〔長期修繕計画標準様式の利用〕
 長期修繕計画は、長期修繕計画標準様式(国土交通省)を参考として作成します。
 なお、マンションには様々な形態、形状、仕様等があるうえ、立地条件も異なって
 いることから、これらに応じた適切な長期修繕計画とするため、必要に応じて標準
 の様式の内容を追加して使用します。

 また、 「長期修繕計画作成ガイドラインコメント」(国土交通省)において次の
 とおり示されています。
 標準様式は、標準的な構成に次のように対応しています。
  ①マンションの建物・設備の概要等 → 【様式第1号】
  ②調査・診断の概要        → 【様式第2号】
  ③長期修繕計画の作成の考え方    → 【様式第3-1号】
  ④長期修繕計画の内容
   ・計画期間の設定 → 【様式第3-1号】
   ・推定修繕工事項目の設定   → 【様式第3-2号】
   ・修繕周期の設定 → 【様式第3-2号】
   ・推定修繕工事費の算定  → 【様式第4-3号、第4-4号】
   ・収支計画の検討 → 【様式第4-1号、第4-2号】
  ⑤修繕積立金の額の設定   → 【様式第5号】

 

Q:計画期間は何年程度がよいですか。 

A:「長期修繕計画作成ガイドライン」(国土交通省)において、次のとおり示さ
  れています。
  〔計画期間の設定〕
   計画期間は、新築マンションの場合は、30年以上とし、既存マンションの場
   合は、25年以上とします。
  計画的に修繕工事を行い、その経費として修繕積立金を安定的に徴収するた
  には、その根拠となる計画の期間をできるだけ長期とし、見込まれる修繕工事
  に漏れがないように設定されていることが望まれます。しかしながら、計画の
  作成(又は見直し)時点で数十年先の劣化状況や修繕工事費を予測することは
  その精度が問題となります。

  したがって、見直し時は、多額の費用を要する大規模修繕工事の実施が、一般
  的には12年程度ごとですので、その2回分を含む期間として25年以上を標準と
  しています。また、新築時には、経年が30年程度において給・排水管や昇降機
  の取替えなど多額の費用を要する修繕工事が見込まれますので、これらを含む
  30年以上としています。  

Q:推定修繕工事項目はどのように設定すればよいですか。

A:「長期修繕計画作成ガイドライン」(国土交通省)において次のとおり示され
  ています。

〔推定修繕工事項目の設定〕
 推定修繕工事項目は、新築マンションの場合は、設計図書等に基づいて、また、
 既存マンションの場合は、現状の長期修繕計画を踏まえ、保管されている設計
 図書、修繕等の履歴、現状の調査・診断の結果等に基づいて設定します。
 なお、マンションの形状、仕様等により該当しない項目、又は修繕周期が計画
 期間に含まれないため推定修繕工事費を計上していない項目は、その旨を明示
 します。
 また、区分所有者等の要望など必要に応じて建物及び設備の性能向上に関する
 項目を追加することが望まれます。

 

Q:修繕周期は、どのように設定すればよいですか 。

A:「長期修繕計画作成ガイドライン」(国土交通省)において、次のとおり示さ
  れています。
〔修繕周期の設定〕
 修繕周期は、新築マンションの場合、推定修繕工事項目ごとに、マンションの仕様、
 立地条件等を考慮して設定します。また、既存マンションの場合、さらに建物及び
 設備の劣化状況等の調査・診断の結果等に基づいて設定します。
 設定に当たっては、経済性等を考慮し、推定修繕工事の集約等を検討します。 

 

 

 

 

 

 

 


 
 

 

 



お問合せはこちら

お電話のお問合せはこちら

090-8843-5701

受付時間:平日/土曜日 9:00〜18:00
     (日曜日、祝日を除く)
※事前予約をいただければ、受付させていただきます