〒332-0033 埼玉県川口市並木元町1-38-407

受付時間:9:00〜18:00日曜日、祝日を除く)

お気軽にお問合せください

090-8843-5701

窓サッシのリニューアル

エレベーターと窓サッシは費用が高額であり、建物の寿命年数に1回の更新しかしない改修
のため、更新費用の適正化と更新機能の高度化を目指したい修繕と言えます。
即ち、専門性が高い設備であるために管理会社やメーカー任せになりますが、更新費用の適正化と更新機能の高度化を目指すには理事会への助言・支援が必要となります。

理事会を助言・支援してくれるコンサルティングの委託を考えてはいかがでしょうか。

ここでの当事務所が果たす役割は、特定業務であるコンサルティングで理事会の事務局も担い、助言・支援いたします。

窓サッシの更新は、点検・調整で12年、取替で36年とされていますが、設備修繕費は多額となります。修繕周期を遵守されて執行することも重要ですが、改修や行政の補助金の有効活用の視点を加えて、修繕周期を早めることも考えられます。

サッシは構成する部材によって耐久年数が異なります。
使用頻度の高い戸車やクレセント錠は他の部品に比べ劣化の進みが早く、戸車は一般的に25年を経過すると摩耗などにより交換が必要になります。
一方、ガラスや窓枠の耐久年数はおよそ40年と比較的長く、修繕頻度も少なくなります。
※サッシの性能、立地条件や環境、使い方とメンテナンス有無により耐久年数は前後します

窓サッシの更新は多くの機能が高まり、大きな効果が生まれます。
   ①耐風圧性 強風など内外からの力に対してどの程度耐えられるかを示す性能
   ②水密性  屋内への雨水浸入をどの程度防げるかを示す性能
   ③気密性  サッシのすき間からどの程度の空気の出入りがあるかを示す性能
   ④断熱性  屋内の熱移動をどれくらい抑えることができるかを示す性能
   ⑤遮音性  屋内・外への音の出入りをどの程度遮ることができるかを示す性能

窓サッシの更新工法
 ①かぶせ工法  カバー工法、持出し工法、ノンシール工法
 ②撤去工法   引抜き工法、はつり工法
5つの工法がありますが、マンションの工法は時間、騒音等を考慮して「かぶせ工法」が採用されるようです。

窓サッシの更新は高額費用が必要となりますので、競争原理を導入して費用の低減を図ることが重要であると共に、昨年から始められた経済産業省による高経年マンションに対する高性能窓サッシ等の改修費を補助する「住宅省エネリノベーション促進事業」として2015年度補正
予算で
多額の予算が計上される予定なので活用することをお奨めします。

弊社サービスの料金についてご案内いたします。

基本料金表
窓サッシ更新コンサルティング¥200,000~

※マンションの戸数・形態(タワー型・単棟型・複合用途型)に応じて変動します。
※マンションを調査のうえ、事前に見積書を提出いたします。
​※消費税は別途承ります。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

お電話のお問合せはこちら

090-8843-5701

受付時間:平日/土曜日 9:00〜18:00
     (日曜日、祝日を除く)
※事前予約をいただければ、受付させていただきます